少食テクダイエット

英国TVスターのケリー・オズボーンが大幅の減量に成功したのは有名な話。そんな彼女は食事をカラープレートの上に「色分け」してダイエットをしているそう。視覚をごまかす「テク」は毎日使えるから、今すぐトライ!

●ドリンクは背の高いグラスに
大学生198人とプロのバーテンダーに「背の低い太めのグラス」「背の高い細身のグラス」の2種類のグラスに、50mlのお酒を目検討で入れてもらうという実験を行った際、全員が「背の低い太めのグラス」に20.5%もの多いお酒を注いだのだという。

つまり、容器のサイズによって注いでしまう量が異なってしまうということ!コーヒー、お酒、スープなどの液体物は、小さめの容器に入れて「たくさん入っている」と脳に信じさせよう。


●お皿は小さい物に
アイスクリームやシリアルなど、「好きな量だけ」食べてしまえる物は容器に気をつけて!「大きめの器」と「小さめの器」にアイスクリームを入れるという実験では、「大きめの器」を使っている場合、いつもの31%増のアイスクリームをすくってしまっているという結果が。なんか損した感じですよね!


●「サイズ」と「色」
「小さいサイズ」の食器で食事をする時には、「食器の色」と「食べ物の色」を合わせるのが効果的。白いお皿にはクリームパスタを、赤系のお皿にはトマトソースを、というように分けることで、お皿に取り分ける量が自然と減るそうですよ。

大きめの食器を使用したい場合には、「大きい白いお皿にはトマトソースパスタ」といった「飛び出る色」の食べ物を乗せて。


●「テーブルクロス」と「食器」
「テーブルクロスやランチョンマットの色」と「食器の色」を合わせることで「食器の淵(ふち)」が見えにくくなり、お皿に盛られている食べ物の量が多く見えるそう。

自分で自分をだますという斬新なテクだって、セレブたちが効果抜群と言うのなら試してみないわけがない!?そして、無理のないダイエット法だから長続きできるかも?


※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:5 Ways to Trick yourself Into Eating Less
http://blog.womenshealthmag.com/scoop/5-ways-to-trick-yourself-into-eating-less/
転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/beauty/news/mynaviwoman/