アインシュタイン

よく「脳を使うと、糖を消費する」っていいますよね。ならばひょっとして、「脳は 使えば使うほど、糖分(ブドウ糖)を消費する」→「脳を使えば、アタマも良くなり、ダイエットにもなる!」ってことにも、なるんじゃないの!? もしこれが本当なら、こんなおいしい話はありません。

そこで、日本ダイエット健康協会理事で、医学博士の永田孝行先生に話をお伺いしました。

まず永田先生に、「脳はブドウ糖しか消費しないのか」という点について、訊いてみました。


先生によると、「脳のエネルギーとなる成分は“糖”と“ケトン体”だそうです。つまり“ブドウ糖”だけじゃない」そうです。


なーんだ。
でも脳を使うことで、ダイエット効果は期待できるんじゃないの?


永田先生は、冷徹に言い放ちます。
「人間の脳は生きているかぎり、最大限のエネルギーを使っています。つまり考えたり、脳トレをしたりすることで、脳のカロリー消費が増えるわけではありません」


がっくり。
しかし、記者は食い下がります。でも身体を動かすことで、脳に効く方法というのは、あるのでは?


永田先生曰く、「基本的に身体を使うということは、脳を連動させています。たとえば左右互いに異なった動きをするとします。“右”と言ってから右側の運動を素早く行うものや、数字を並べておいてパートナーに「プラスすると5になる数字は?」と言われたらジャンプして2と3を踏みつける、などの運動法はたくさんあります。しかしその場合は、身体を多く動かしたから、カロリー消費が進むのであって、脳自体が糖を消費するわけではありません」


最後に永田先生は、わずかばかりに救いの言葉を。

「『頭を使う』=『良く考えること』なので集中力を高めると、脳内の血流が高まって摂食中枢が抑制されます。また、空腹の方が集中力や記憶力が高まります」


つまり「頭を使う」ことで直接ダイエットになることはなさそうでした。なーんだ残念。


(ロックスター 水江)

日本健康ダイエット協会
http://diet-kyoukai.net/
転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/beauty/news/mynaviwoman/