くびれ1

はじめに


朝や昼間は活動する為のエネルギーが必要なので、無理に食事制限などのダイエットをしようとしても、後から空腹がどーんと来たり、疲れやすくなって甘いものが余計に欲しくなったりしませんか?

夜の習慣を少し変えるだけで、無理なくダイエットができる方法をご紹介します。

痩せる為の夜ダイエットのポイント

1.夜の9時以降は食べない

夕飯はなるべく低カロリーのものを腹八分で、早めの時間帯に食べましょう。遅い時間の夕食は、胃の負担にもなる上に脂肪がつきやすくなります。

夜遅く帰宅して、夕飯が9時に間に合わない時は、食事を思い切って抜いてしまいます。


2.水分はミネラルウォーターかハーブティー

甘みがついた清涼飲料水よりも、少しお腹に溜まる感じのミネラルウォーターが良いです。これはお通じにも効果的なのでお勧めです。また、リラックスさせて眠気を誘うようなカモミールティーなども良いと思います。


3.夜更かしをせず、早めにベッドに入って眠る

早寝早起きは健康上、とても大切なことです。夜更かしをしていると、なぜか口寂しくなったり、ちょっとつまみたくなってしまったり、食べるチャンスが増えてしまいます。

なるべく早く眠るようにすると、お肌の調子も良くなり疲れも取れて、元気な朝を迎えることができます。


継続する為のコツ

1.朝と昼はきちんと食べる

夜ダイエットは夜がサバイバルな時間帯となる為、朝と昼、特に昼食はきちんと食べておきましょう。


2.お菓子類は買わない、目に触れさせない

お菓子やスナック類は、できれば家に置かないようにしましょう。また、お菓子売り場やコンビニなど誘惑の多いところは避けるようにします。

意外と目に着かないと気にならなくなるものです。デザートがどうしても食べたい時は、ランチの時に一つだけ買って、たまには息抜きしても良いと思います。


3.夜遅くにどうしてもお腹がすいてしまった時

9時以降どうしてもお腹がすいてしまった時は、カフェインの入っていない、温かい飲み物を大きなカップで飲むことです。そうすると、眠気が出やすくなるし、少し落ち着きます。

それでも、絶えられない時は、豆腐、ドレッシングをかけないサラダ、シリアルなどを食べましょう。スパイスの効いた料理は、食欲を増進させてしまうので、なるべくシンプルな味付けが無難です。


実践してみて

著者は、体重が気になってくる度にいろんなダイエットを試しましたが、夜ダイエットが一番無理なく続けられたように思います。

効果はどちらかというとゆっくり現われ、だんだん慣れてきた頃に、「あっ、痩せてる!」と気づくような感じです。その為、一気に体重を落とすというよりも、生活を変えていきながらゆっくりと自然に痩せる気持ちでいる方が成功しやすいと思います。

長続きさせる為に最も効果的だったことは、早めに寝ること、甘いものやカロリーの高いものを視界に入れない、家に置かないことでした。こうすることで、ダイエット中なのだという精神的ストレスも軽く済んだ気がします。


おわりに


夜ダイエットは夜だけ頑張る手軽なダイエットです。早寝早起きになり、生活習慣も整うので、美肌や健康にも良いですよ。慣れるとだんだん苦ではなくなってきて、当たり前になってきます。

こんなゆるいダイエットじゃ痩せないという方は、このダイエット方法にプラスして、ウォーキングやスイミングなどスローな運動を取り入れてみてください。さらに効果的に痩せられると思います。

焦らずゆっくりがポイントです。

無理なく続けて、きれいなスッキリボディを手に入れましょう!

転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/diet_healthcare/news/nanapi/