くびれ1

「食べなければ痩せる!」と考えがちだ。

だが、それではダメだと主張する本が『「腹」を8センチ減らす技術』。


著者である金塚陽一は、オリンピック選手からミス・ユニバース・ジャパンまで身体のプロからの信頼が厚いトレーナー。

彼は、「一般人のダイエットにはトレーニングやエクササイズは一切必要ない」と断言。

自律神経を上手に整えれば痩せられるというのだ。


そのためにはどうすればよいのか。

金塚式ダイエット6つの常識は以下!

1:寝ていない人は痩せない

2:湯船に浸からない人は痩せない

3:腸が汚れている人は痩せない

4:水をあまり飲まない人は痩せない

5:1日3回食べない人は痩せない

6:半年に1度正しい断食をする


いくつか紹介しよう。


とにかく痩せたければ寝ろ!と本書は主張する。

体重が減るのは活動的な昼間ではない。脂肪が燃えて体重が減るのは、寝ている間

眠ると、脳を休め、内臓をケアする。このときエネルギーを消費し、脂肪が燃焼するのだ。

だから、しっかり眠ることがダイエットの秘訣。

「痩せたければ、意地でも6~7時間は眠ること」を推奨している。

しっかり眠れれば、寝る前と朝起きた後では、600グラムか1キログラムぐらい体重が減っているはずであり、逆にそれぐらい減ってない人は、心身ともにケアできてないということになる。

さらに、「湯船に浸からずにシャワーだけという人は、痩せられません」とも断言する。

37~39度のぬるま湯に30分ゆっくり浸かる。

湯からあがったら、30分以内にベッドに入る。

湯船に浸かってリラックスして、ぐっすり眠る。

“シャワー派の人は、夜風呂派にチェンジするだけで、早い人なら1~2日、少なくとも1週間経てば、寝つきが良くなる、朝の目覚めが良くなる、便秘が解消する、体重が落ちてきた…といった、身体の変化を感じられるはずです。”


他にも「毎日、最低2リットルの水を飲むこと」「腸をしっかり動かすために1日3回、決まった時間に食事をとる」「痩せたい人は鼻を使う呼吸を」「夜9時を過ぎても空腹ならば、そうめんがある」「ヨーグルトは、朝ではなく夜食べる習慣を」「一番脂肪が燃えやすいのは午後3時前後」「座り方を変えればダイエットになる!」「舌回しで小顔&たるみを防止せよ」などなど、目からウロコの方法が満載。

なにしろ、がんばってやらなければならないエクササイズではないし、食事を制限する必要もない。

生活を豊かにし、健康になることで、痩せるという方法なので、読んでいて気持ちいい。やってみようという気にさせる。

朝シャワー派だったので、これからは夜風呂派に転向します。

『「腹」を8センチ減らす技術』オススメです。(米光一成)

転載元:http://news.livedoor.com/article/detail/7837028/