ぽっちゃりカップル

食べても太らない人。食べたら食べただけ太る人。そんなに食べないのに太っている人……。

いろんな体質の人がいますが、「その体質ってどこから来ているの?」と不思議ですよね。セラピストの紀野真衣子さんによれば、“太りやすい・太りにくい”の体質には、実は潜在意識が大きく関わっているとのこと。

潜在意識とは、文字通り“普段は隠れている意識”ですから、太りやすい潜在意識をもっていても、自覚できてない人が多いかもしれません。

では、以下の項目に思い当たるフシはないでしょうか? 紀野さんから、太りやすい潜在意識をもたらす意外な原因5個を教えていただきました。

■1:太っていることを褒められて育った

「子どもの頃に、大人から“まるまるしてて可愛いねえ”と言われたことはありませんか?

子どもは素直なので“じゃあずっとまるまるしていよう!”と思ってしまいます。“太っているほうがかわいい”という潜在意識を植え付けられるのです。

このタイプの人は、パートナーにも“ぽっちゃりしている子が好き”という人を選びやすいかもしれません」


■2:家系的に太っている人が多い

「“肥満“というのは遺伝子レベルに残っている思考パターンです。家系的に太りやすいのは、単なる体質の問題だけでなく、“痩せるというのは家族(先祖)を否定することだ”という潜在意識も原因だと考えられます。

家族の一員である前に個人であることを尊重してくださいね」

大丈夫。健康的なダイエットであれば、家族やご先祖様はあなたを見捨てたり嫌ったりしませんよ!


■3:パートナーの束縛が激しい  

「異性との接触を極端に制限したり、“そんなに男に媚びたいのか”とおしゃれを否定したりなど、パートナーの束縛が激しいと、痩せることに罪悪感を覚えることがあります。

痩せてモテモテになってしまったら浮気してしまうかも……という不安から、あえて魅力をセーブして太りやすくなってしまうのです」


■4:同性の友達と牽制し合っている

“綺麗になる=同性から妬まれる”と思っている人はとても多いです。痩せると友達がいなくなるという潜在意識によって、太りやすく・痩せにくくなってしまいます

でも、あなたの友達は本当にそのような人ばかりでしょうか? はい、そういう人ばかりです……というかたは、痩せるとともに環境を変える勇気を持ってくださいね」


■5:ついおせっかいをしたくなる性分だ

「太っている人には“甲斐甲斐しい人”や“おせっかいなまでに世話好きな人”が多いと思いませんか?

これは、“人のことまで自分が背負い込まなくては”という思考パターンが、“脂肪を溜めこむ”ということとリンクしているからです」

面倒見がいいのは長所ではありますが、必要以上に他人の荷物まで背負いこんでいないか振り返ってみるといいかもしれませんね。


以上、太りやすい潜在意識をもたらす意外な原因5個をお届けしましたがいかがでしたか?

潜在意識は、知らないうちにその人をコントロールしているという点で厄介な存在ですが、まずはその存在に気づくことが脱却への第一歩です。

痩せたいのに痩せられない悩みを抱えている人で、「あ、これ私のことかも」と思い当たった場合は、まずは自分の内面によくよく向き合ってみましょう。

転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/diet_healthcare/news/wooris/